不動産投資のための不動産はまとめるかどうか?

不動産投資解決ブログ

不動産投資をする場合、マンションやアパートを区分もしくは棟ごとに購入するかでメリットとデメリットが違うので、スタンスを決めて検討しましょう。

不動産投資のための不動産はまとめるかどうか?

不動産投資は、他の投資と比べてもリスクが少なく、また投資をするためのまとまった資金も必要ないということで今注目を集めている投資方法です。

不動産投資をするためには不動産を購入する必要がありますが、一体どんな不動産があるのでしょうか?

まず、不動産を購入する時に迷うのが、マンションやアパートを区分ごとにするか一棟丸ごとにするかということでしょう。

区分ごとになっているマンションを購入する場合は、当然ですが元出の出費が少なくて済み、金融機関に借入する場合でも少額で可能となります。

マンションやアパートの一画であることから、各地に複数所有していた場合、災害のリスクも分散させることができます。

ただし、区分された一画ということで、勝手な管理をすることやリフォームすることは簡単にできないというデメリットがあります。

アパートやマンションを一棟丸ごと購入する場合は、自分ですべてを管理することができるので、例えばペットを飼える様にする、建物の名前を変えられるなどが自由にできます。

また、数があるので、ある程度の入居者は確保できると考えられ、空き室のリスクが分散されます。

◆Pickup記事⇒城南エリアの新築RC一棟マンション経営で理想のライフスタイルの実現を支援する|ダイヤモンド・オンライン

ただし、災害によるリスクにおいては分散できず、結果的に大きなリスクとなる場合もあります。

不動産投資をする場合、マンションやアパートを区分もしくは棟ごとに購入するかでそれぞれメリットとデメリットが異なるので、自身投資のスタンスを決めて検討しましょう。

おすすめアイテム

Yahoo! JAPAN

Copyright 不動産投資解決ブログ - www.prochef360blog.com. All Rights Reserved.